アトピー性皮膚炎 の治療|足立区新田の皮膚科・形成外科なら各種保険取り扱い、新田皮膚科形成外科へ

オンライン予約
tel:03-3919-5678

皮膚科・小児皮膚科で治療する主な疾患

アトピー性皮膚炎

アトピー性皮膚炎

アトピー性皮膚炎は、慢性的に(成人では6カ月以上、乳児では2カ月以上)繰り返すかゆみのある湿疹を主体とする病気です。アトピー体質(家族歴、または既往歴に喘息、アレルギー性鼻炎・結膜炎、アトピー性皮膚炎がある)を伴うことが多く、乳児の場合は頭・顔に多く発症し、以降は首、肘や膝の関節の曲がる場所などにも広がっていきます。小児期に治癒することも多いのですが、成人になっても続いたり、成人になってから発症することもあります。最近では、アトピー性皮膚炎の方の多くが、皮膚の保湿因子に遺伝子の異常があることがわかってきており、保湿の重要性が再認識されてきています。

治療の流れと治療方法

  • カウンセリング
    1.カウンセリング

    医師とのカウンセリングの中で十分に話し合い、症状に合わせた治療法をご案内します。

  • 施術・検査
    2.施術・検査

    症状の程度に合わせた各種治療を行います。必要に応じて血液検査を行います。

  • 経過観察
    3.経過観察

    症状をみながら、定期的に診察、治療を行います。

主な治療方法

●保険診療による治療
保湿剤・ステロイド外用剤・タクロリムス軟膏外用・抗アレルギー剤内服が大きな治療の柱となります。
また、ダニやホコリのアレルギーを合併していることが多いので、血液検査を行った上で生活環境を整えることも重要です。
成人の方の重症例では免疫抑制剤(シクロスポリン)内服が必要となることもあります。

●自由診療による治療
アトピー性皮膚炎に限らず、多くの慢性疾患では、血液検査でさまざまなビタミン・ミネラルの欠乏が発見されます。
当院では、血液検査によって、ビタミン・ミネラルの欠乏が見られた場合、これらを補充することを、慢性疾患の患者さまにおすすめしております。
その他にも、プラセンタ注射、高濃度ビタミンC点滴療法も有効です。
治療に関するよくある質問
アトピー性皮膚炎は治らないのでしょうか。
皮疹が悪くならないようにしっかりと治療をして、良い状態を保てるようにコントロールをしていくことが大切です。症状により血液検査を行い、生活環境を整えるためのご相談もさせていただきます。
一時的に良くなってもまた悪くなるのはなぜですか
表面上良くなったからといって薬の塗布やめてはいませんか。アトピー性皮膚炎は、良い状態を保てるようにコントロールするために、医師の指示に合わせた薬の継続が重要です。
どのような治療をするのですか?
保湿剤・ステロイド外用剤・タクロリムス軟膏外用・抗アレルギー剤内服が大きな治療の柱となります。症状の程度に合わせてこれらの薬を組み合わせ、段階的に症状の緩和、治癒をおこないます。場合により、血液検査によって、ビタミン・ミネラルの欠乏が見られた場合、これらを補充することを、慢性疾患の患者さまにおすすめしております。
トップページに戻る

ページトップへ