ケミカルピーリング の治療|足立区新田の皮膚科・形成外科なら各種保険取り扱い、新田皮膚科形成外科へ

オンライン予約
tel:03-3919-5678

美容皮膚科

ケミカルピーリング

皮膚にピーリング剤を塗布することにより、皮膚表面を一定の深さで剥離し皮膚に組織損傷を与えます。その組織損傷の修復による表皮と真皮結合組織の再構築を促す治療法です。 角質間の接着をゆるめ、古い角質をはがれやすくします。また、くすみを取り、毛穴のつまりを解消することによって、にきびを回復させたりします。お肌の本来の働きを活性化し、内側から再生を正常化させます。

こんな症状の方はご相談ください

●脂性肌が気になる方
●ニキビ、ニキビ跡が気になる方
●くすみが気になる方
●角化症
●毛穴のひらきが気になる方
●色素沈着が気になる方

治療の流れと治療方法

  • カウンセリング
    1.カウンセリング

    医師とのカウンセリングの上、薬液の調整や、施術可能な状態であるか確認させていただきます。

  • 施術・検査
    2.施術

    皮膚にピーリング剤を塗布します。皮膚の状態でピーリングの深さは変わってきますので、細心の注意を払って施術を行います。

  • 経過観察
    3.施術後・経過観察

    施術後は保湿、遮光(UVケア)に気を使って頂ければと思います。また摩擦などを行うこと避けて下さい。

主な治療方法

皮膚にピーリング剤を浸透させ、角質層の角化細胞の接着性を溶かし、異常に肥厚した角質層を正常化。古い角質を除去します。 当院では、グリコール酸(20,30,40,50%)を使用したピーリングを行っています。グリコール酸は、真皮まで浸透、線維芽細胞を刺激しコラーゲン生成促進します。 ターンオーバーのリズムが正常になり、張りのある素肌へと導きます。、

ケミカルピーリング

●グリコール酸
AHA(フルーツ酸)。植物や果物に含まれている天然成分で人間の肌にも微量に存在。そのため、アレルギーや炎症が起こりにくく、安全性が高いピーリング剤です。 AHAの中でもっとも皮膚の浸透度が高く、吸収性があります。推奨頻度は7~10日ごと(当院では2週間に1回としています。)

施術費用のめやす
ケミカルピーリング ¥5,000(税別)
ケミカルピーリング+イオン導入(ビタミンC) +炭酸パックセット ¥12,000(税別)
ケミカルピーリング+イオン導入(ビタミンC) +炭酸パックセット 6回コース ¥60,000(税別)
以下に該当される方はは施術ができませんのでご注意ください。
単純ヘルペス、ウイルス感染、アレルギー性皮膚炎、接触皮膚炎、ケロイド体質、妊娠中の方
トップページに戻る

ページトップへ