デュピクセント の治療|足立区新田の皮膚科・形成外科なら各種保険取り扱い、新田皮膚科形成外科へ

オンライン予約
tel:03-3919-5678

皮膚科・小児皮膚科で治療する主な疾患

デュピクセント

デュピクセントとは、「IL-4」と「IL-13」という物質の働きを抑え、皮膚の炎症を抑える新しいお薬です。
特に中度~重度の難治性のアトピー性皮膚炎の方で、既存のアトピー性皮膚炎の治療方法では症状のコントロールが難しい方へ効果が期待できるお薬となります。副作用としては注射部位反応により、注射した部分が赤くなった、かゆみや痛みが出る場合があります。また、アナフィラキシーショックや喘息など、他のアレルギー性疾患の症状が変化する可能性があるため、当院では薬の投与後、一定時間院内にて安静にしていただき、副作用などのリスクに対応した診療を行っております。

治療の流れと治療方法

  • カウンセリング
    1.カウンセリング

    医師とのカウンセリングの中で十分に話し合い、リスクなどをご説明いたします。

  • 施術・検査
    2.施術・検査

    既存のアトピー性皮膚炎の治療方法では症状のコントロールが難しい方向けの治療となります。適応となるか十分に検査、診療を行ったうえで、薬の投与を行います。通常は2週間おきに来院していただき、複数回の投与を行って症状の改善状況を確認します。

  • 経過観察
    3.施術後・経過観察

    術後は副作用のリスクがあるため、初回は院内にて一定時間過ごしていただきます。

主な治療方法

ステロイド外用剤やタクロリムス外用剤等の抗炎症外用剤による適切な治療を一定期間施行しても、効果が期待できない、強い炎症をともなうアトピー性皮膚炎の患者さまが投与の対象となります。
初回はデュピクセントの注射を2本(600mg)を投与し、2回目以降は注射1本(300mg)の投与を行います。投与は2週間おきに通院していただき実施いたします。初回については副作用などが出ないか院内にてしばらく安静にしていただき、状況の確認させていただきます。
施術費用のめやす
初回(600mg) 約¥50,000前後(税別)
2回目以降 約¥25,000前後(税別)
以下に該当される方はは投与ができませんのでご注意ください。
適応外のアトピー性皮膚炎の方、妊婦・授乳中の方、感染症(寄生虫感染を含む)の治療中の方、高齢の方、小児
トップページに戻る

ページトップへ